猫動画が人気の理由は?手軽に共有される動画に猫が非常に適合してる?

スポンサーリンク

『アベノミクス』になぞらえて『ネコノミクス』という造語まで生み出してしまう猫ちゃんパワー。その威力を発揮し始めたのが、平成期に入ってからの猫ブームです。

その火付け役は、和歌山電鐵貴志駅の初代たま駅長と言われ、その経済効果は年間なんと11億円にものぼりました。

出典:Wikipedia

確かに猫ブームによる猫ちゃん人気は、犬をしのぐ勢いで急速に伸び、2012年~2016年の4年間で飼い猫の数は30万匹の増加。

全国犬猫飼育実態調査によれば、2017には猫の飼育数が犬を上回るという結果になりました。
ちっちゃくて、何をしたってかわいい赤ちゃん猫を見れば、家族に迎えたくなりますよね。

とはいえ、いざ飼うとなると、様々な制約がありますし、責任も伴うものですから、飼いたくても今は飼えないという人も多かったはずです。

そこで、猫ブームに便乗できて誰でもが気軽に楽しめる猫関連商品の躍進には目を見張るものがあり、経済効果(ネコノミクス)に拍車をかけていることは明らかです。

猫本、猫雑誌、猫写真集、映画、猫グッズ、猫動画、猫ゲーム、猫番組、猫CM、
猫カフェ、猫付きシェアハウス、ねこんかつ、猫関連ツアーから猫本専門書店まで枚挙にいとまがなく、まさに世の中猫ちゃん市場です。

実際2014年、YouTube上で公開された猫動画は年間約200万本で、視聴回数は合計260億回に達しました。

加えて猫動画はほかの動画に比べて、再生率が非常に高いという特徴があります。

この人気の理由は一体どこにあるのか、そしてこのコンテンツ力の高さは何なのか、気になるところを少し探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

猫動画人気の理由:猫の特徴・習性とその効用

動きのない時の猫は、不愛想で、犬と較べて表情が乏しいと言われておりますが、動画の猫ちゃんはどの子も表情豊かで魅力的ですよね。

人気の理由は、まず文句なしに面白い低コスト責任なしにかわいさ・面白さを堪能できる、わずかな時間で見る人の目をくぎ付けにすることです。

それでは、その具体的な理由をまずは猫ちゃんの特性から見てみましょう。

猫の特徴と習性

非常に優れた平衡感覚と柔軟性からくるしなやかな動き
瞬発力の極めて高い体の構造からくる抜群の運動能力
様々な毛色毛質のパターンがあり同品種でも多様な色彩や模様を持ちフォルムが美しい
猫の本能からくるおもしろいこだわりの習性
・狭くて暗い場所が好き
・単独で行動し夜行性
・雨や水が苦手
・フミフミする
・ゴロゴロ音
・おみやげを持ってくる
・高い場所がすき
・好奇心が強く、動くものに無中になる

などで、予測できない展開の幅があります。

猫動画は以上のような特徴と習性を余すところなく活かし、豊かな表情を伴った世界を出現させることができるのです。

そんな猫ちゃんの動画を見た方が期待できる効用を3つあげてみましょう。

エンターテイメント的効用

猫動画は瞬間的に笑えて、張り詰めたスイッチをオフにしてくれるという効用があります。

〇冷静そうな姿が一瞬にして笑いをとる、テンポの良さ意外なものに興味を示してくる時のしぐさの面白さ
〇普段の生活ではあまり目にすることのない決定的な場面を見てしまった喜び、嬉しさ

といったお楽しみ効果、エンターテインメント性があります。

癒しの効用

画面に映し出される猫ちゃんの顔が、幸せに満ちた満足そうなものであったり、フミフミやゴロゴロ音は、見るだけ、聞くだけで癒され、ストレスを緩和してくれます。

また、飼い主さんが撮った動画の中では猫ちゃんのツンデレのデレの部分が見られます。

メロメロになりそうなかわいい表情やしぐさ、ひょうきんさ、予想外の反応「こんなことやってんのかい!」と突っ込みたくなるようなところまで、飼い猫の素顔を覗き見ることで癒されるのです。

気分転換につながり、プラスの感情とやる気がアップする効用

感情スイッチのオン・オフを可能にしてくれます。

猫動画はたまたま見られるものも多く、行き詰まったり、疲弊した現実からしばし問題を先送りするにはもってこいの素材。

不安、苛立ち、罪悪感といったネガティブな感情が減少し、希望、幸福、満足といったポジティブな気持ちが増大することは研究からも立証されています

上記の研究に協力してくれたリルバブの動画を紹介させていただきます。

以上のことから、猫動画は手間もお金もほとんどかけずに即利用できる利便性があり、忙しいデジタル社会の中で気軽に拾える癒しのコンテンツと言えそうです。

単独で行動する習性

ひとり遊びに熱中する、可愛くて面白い姿を存分に披露してくれるので、一人で見るのも惜しい!と思わず撮りたくなる場面に遭遇するチャンスが生活環境の中には数多くあります。

撮られていようが、そんなことにはお構いなしのマイペースで、そこら中のものに持ち前の好奇心でちょっかいを出しまくり、次は何をしてくれるのかの期待を外さないところは、猫ちゃんならではの所作と言えます。

『CIAOちゅ~る』のCMに愛猫を出したい!

ちゅ~るを食べない猫はいない、とまで言われる大人気のいなばの猫おやつ、『CIAOちゅ~る』。
夢中で食べる猫ちゃんの映像が、あの曲と共に流れてくると、思わず見てしまいます。

このCMのすごいところは自社製品の特長を強調してアピールするのではなく、どこまでも猫にスポットを当てていることです。

飼い主さんたちの心をくすぐる視覚(動画)聴覚(ちゅ~るを連呼する歌)による共感型CMであり、製品自体の魅力と実力によって、その名を広めた大成功の実例となっています。

さらに『ちゅ~るメーカー』というスマホアプリで自分の愛猫の動画を撮ってCMに出してみたい!と思う飼い主さんの心理を巧みに読んで、猫動画の質と量に影響を与えるいなばのPR戦術は猫動画の人気にかなり貢献していると言えます。

めざせ動画の猫アイドル!!

『YouTubeで最も多く視聴された動物』でギネス記録に認定されたYouTubeの猫アイドルのまる

動画は手軽に共有され、拡散されやすいことで、猫の好感度もそのまま拡散されていくことになります。

流行やブームを取り入れたものであればより注目度が高くなるため、猫動画は拡散されやすいのです。

その経済効果はいかばかりかと思ってしまいます。何せ生き物ですから猫ちゃん出費も侮れません。ご飯、おやつ、おもちゃ、生活用品、お薬、病院代は、切実な問題です。

まるのようにはいかなくても、できることならみんなに見てもらって、エサ代を稼いで、ちょっとお高めのおもちゃも買ってあげたいというささやかな夢も秘めながら、今日も飼い主さんは猫動画を撮るのかもしれません。

猫動画人気の理由:猫の特性とデジタル社会の相性の良さ

便利で効率がよく、複雑に細分化されていくデジタル社会の流れの中で、便利ゆえに私たちの生活はとても忙しくなりました。

この便利さと引き換えに、ストレス不安が増大していくことも避けられない問題です。

その中で、猫の特性と習性を活かし、とっつきやすく場所も時間もほとんどとらずに、癒し効果をもたらしてくれる猫動画は、今の世の中と相性がよいものと言えます。

流行りに敏感で、その波に難なく乗れる比較的若い世代の方のスマホPCを媒体とした拡散力経済効果をも視野に入れて、猫動画人気に大きく貢献しています。

忙しさに振り回されることの多いデジタル社会の中で、猫を愛する人たちが、新たな利用価値と力をもたせたコンテンツが猫動画なのです。

デジタル社会のストレスを上手に緩和していくために、無意識に働く自己防衛力の結果とも言えるかもしれません。

ゆえに、仕事をさぼってでも猫動画を見れば、効率が上がるという研究結果には頷けるものがあります。

飲み込まれそうになるあわただしい生活の中から切り取られた猫動画のひとこまは、心の防御壁なのかもしれません。

猫ちゃんの存在にありがとう!!です。
最後に、猫アイドルとして人気者なまるの動画で思いっきり癒されましょうね。

まとめ

猫動画が人気の理由は、総括すれば、手軽に共有される動画猫の持つ特性と習性が非常に適合していたということです。

そしてそれがデジタル社会相性が良かったことで、多くの人たちに受け入れられているということになります。

猫ちゃんの持つ癒しのパワーは、これからも共有され、拡散されながら、多くの人たちに愛されていくことでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です