猫動画のアイドル赤ちゃん猫5選!可愛くて癒される赤ちゃん猫の魅力!

スポンサーリンク

空前の猫ブームが到来している今、個性豊かな猫ちゃんの動画が投稿サイトやSNSに溢れています。

ビックリする様子が面白い猫ちゃん、寝ている様子が愛らしい猫ちゃん、みんなでワイワイ遊んでいる猫ちゃん達…。

猫動画を日常的に見ていらっしゃる方の中には

「この子の動画はいつも可愛くて癒される」

「こんな猫ちゃんと一緒に暮らせたら楽しいだろうなあ」

という、いわゆる『ご贔屓(ひいき)猫ちゃん』がいる方も多いのではないでしょうか?

私も家で猫を飼っていますが、我が家の猫達と違った魅力が詰まっている動画にやはり魅了されています。音量は出さないようにこっそりと見ないとうちの猫達に「誰?その子知らないよ?」と拗ねられてしまうので細心の注意を払っています。

そして今、こういった猫動画が好きな方の中でも特に人気なのが『赤ちゃん猫の動画』なのです!

大人の猫ももちろん可愛くて癒しですが、赤ちゃん猫はもはや別格の可愛さがあります。

私は我が家で子猫が生まれたこともあり赤ちゃん猫に接する機会が多いのですが、瞬きする一瞬一瞬がもったいないほどに可愛くて、キュンキュンしてしまうんですよね。

ここでは赤ちゃん猫にまつわる不思議、猫飼いである私が厳選したアイドル赤ちゃん猫の魅力たっぷりの動画をご紹介させていただきます!

猫動画の赤ちゃん猫からもらう可愛くて癒しのパワーを、余すところなく感じてくだされば幸いです♪

スポンサーリンク

猫動画から見る赤ちゃん猫の3つの不思議!

不思議➀ 子猫はいつまで『子猫』なの?

子猫っていつまでが『子猫』なの?
『子猫』と呼ばれる期間は生まれてだいたい半年から1年までと言われているよ!

猫動画によく登場する赤ちゃん猫はだいたい生後2~4か月くらいの、いちばん遊び盛りでやんちゃな時期の子が多いです

猫の生涯の中で赤ちゃん猫、子猫と呼ばれる期間は生まれて半年から1年の間です

成猫になるまでは生まれて1週間目を『1週齢』2週間目を『2週齢』としてその後の成長段階を重ねていきます。

子猫は生まれた時の体重がだいたい100g前後で、それから1日ごとに10gずつ大きくなっていると順調に成長しているという証になります。

生後4週齢までは母猫の母乳やミルクが主食で、だいたいの歯が生え揃うと離乳食が始まり、まもなく大人と同じようなごはんが食べれるようになっていきます。

ですが体はまだまだ大人とはいえないほどに小さく、成猫に近い体重になるのがおおよそ半年から1年なのです。それまではまだまだ『子猫』ということですね。

不思議② 子猫の不思議な行動の意味は?

子猫が『ふみふみ』するのは何で?
声を出さずに鳴いたりもするけど…。
子猫の『ふみふみ』はお母さん猫にお乳をねだってるんだよ。
声を出さずに鳴くのは甘えたくてお母さん猫を呼んでるからと言われているよ。

猫動画でも度々登場してくる『両前足をふみふみする仕草をする子猫』、とても可愛くて癒されますよね。それでは、なぜ子猫は『ふみふみ』をするのでしょうか?

猫の『ふみふみ』は成猫になってもありますが、子猫の『ふみふみ』は多少意味が違うところがあります。

『ふみふみ』は猫の甘える仕草、というのは皆さんご存知だと思います。

ですが、子猫の『ふみふみ』にはもうひとつ、母猫に「お乳をもっとちょうだい!」とねだっている、という意味があるのです

この行動は『ミルクトレッド』と呼ばれていて、その名のとおり子猫が母猫の乳房を押して母乳の出を促しているのです。

うちで生まれた子猫ですが、仰向けで寝ている時にこの『ふみふみ』を空中でしていたことがあります。

その時に口元を見ると、舌は母乳を飲む時のようにストロー状に縦に丸められていて、夢の中で母猫のお乳を飲んでいるんだなあ、と微笑ましい気持ちになりました。

また、子猫でよくある不思議な行動として声を出さずに鳴く、というものがあります。これは『サイレントニャー』と呼ばれていて、子猫が甘えたくて母猫を呼ぶ時のものと言われています。

口を開けて吐息だけで鳴いているように見えますが、実際は私達人間には聞こえない周波数の声だそうで、母猫にはその子猫の声が聞こえているのだそうですよ

不思議③ なぜ首の後ろを嚙まれたらおとなしくなるの?

子猫が首の後ろを噛まれておとなしくなるのは何で?痛くないの?
痛くないよ。お母さん猫は子猫の痛くないところを選んで優しく噛んでるんだ。
おとなしくなるのはその方がお母さん猫の負担が少なくなるからなんだよ。

母猫が子猫の首の後ろを嚙んで持ち上げて移動する様子は、猫動画にも日常的にもよく見られる光景ですよね。「嚙まれたら痛くないのかな…」と思った方も多いと思います。

ですが、実際は子猫は全く痛くないそうで、むしろ安心して自分の体を預けています。

これは『つまみ誘発性行動抑制』と呼ばれるもので、うなじにごく優しい圧力をかけることで、背中が丸くなったりしっぽを後足の間に挟んだり声をあげなかったりといった受け身の行動をとる、猫の本能なのです

子猫が静かにすることで外敵から襲われる危険を回避し、何より母猫の負担を軽減するという、生存率を高めるためのものといえます

厳選赤ちゃん猫動画5選!アイドル赤ちゃん猫を一挙紹介!

お待たせいたしました!ここからは赤ちゃん猫動画が大好きな私が厳選いたしました、アイドル赤ちゃん猫の動画5つをご紹介させていただきます♪

エントリーNo.1 お母さん大好き!4つ子の兄弟赤ちゃん猫

こちらは4つ子の兄弟猫ちゃんがお母さん猫に甘えていたり、わちゃわちゃと遊んでいる動画です!

お母さん猫にお乳をねだる時の『ふみふみ』が見れたりみんなで遊んでいたりと、時間は短いながらに可愛いポイントがギュッと詰まった素敵な動画になっています

兄弟猫ちゃんがやっと走り回れるようになった頃でしょうか、「自由に遊べて嬉しい!」というのが伝わってくる何とも微笑ましい動画ですよね。

エントリーNo.2 抱っこで鳴き声ストップ!甘えっ子な赤ちゃん猫3兄弟

こちらの動画は、それまで鳴いていた赤ちゃん猫3兄弟が飼い主さんに抱っこされた途端にピタッと鳴き声をやめてしまう動画です!

実はこの赤ちゃん猫3匹は捨て猫で、この動画は拾って1〜2日の頃のものだそうです。お母さん猫が恋しかったのでしょうか、飼い主さんが膝に抱っこすると安心したように鳴きやみました。

人間の赤ちゃんもお母さんに抱っこされると体温や匂いで安心して寝ちゃいますよね。それと一緒で、お母さん猫がいなくて不安だったところを飼い主さんが抱っこしてくれたことで安心できたのでしょう

飼い主さんを信頼して体を預けている様子は愛らしいことこの上ないですね。

エントリーNo.3 寝起きでボンヤリ、でも甘えたい!なプリティ赤ちゃん猫

次にご紹介する動画は、赤ちゃん猫が寝ているところから始まる寝起き動画…と思いきや、起きてすぐ飼い主さんに甘えにいくという何とも愛らしい赤ちゃん猫の動画です。

寝て起きてを繰り返し、飼い主さんが動画を撮っているとわかるとすかさず甘えにいく様子が可愛らしいですね。

飼い主さんの足に「起きたよ、構って!」と擦り寄って『ふみふみ』する様子やアップで撮られても動じない様子は、信頼している飼い主さんじゃないと見られない光景です。

赤ちゃん猫、特に寝起きでボンヤリしている赤ちゃん猫が見たいという方にはぜひ一度見ていただきたいオススメの動画となっています!

エントリーNo.4 優しい飼い主さんに出会った幸運な赤ちゃん猫

こちらの動画の赤ちゃん猫、名前は『まや』ちゃんといいます。生後1日で保護されたというまやちゃんの可愛さはもちろん、飼い主さんの奮闘ぶりや心温まる光景も必見です!

まやちゃんは生まれたばかりの時に保護されたのですが、拾った飼い主さんが本当に優しい方で、まやちゃんの体調管理や爪切りに一生懸命な様子も動画におさめられています。

私自身何度も経験した子猫の人工保育ですが、子猫の体調や個性を把握したり、すべてが手探りで本当に難しいのです

こちらの飼い主さんもまやちゃんを助けようと一生懸命お世話をされています。そんな飼い主さんに出会えたまやちゃんは本当に幸運ですね。

ちなみにまやちゃんはこの後すくすくと育ち、立派な大人猫になっています。飼い主さんとの絆も健在ですよ!

エントリーNo.5 飼い主さん大好き!最強に可愛い赤ちゃん猫

こちらの動画に映っている赤ちゃん猫の名前は『ビビ』ちゃんといいます。数ある赤ちゃん猫の動画の中でもかなり有名な、アイドル赤ちゃん猫です!

ビビちゃんは幸せを呼ぶという『かぎしっぽ』の猫ちゃんです。そのしっぽをフリフリ、甘えた声でニャアニャアとごはんの催促をしています。

そしてついに待ちきれなくなったビビちゃんはとある行動に出ます。そう、小さくて身軽な体を活かして飼い主さんの体によじ登り始めたのです!その様子が愛らしくも微笑ましくて、思わずこちらも笑顔になってしまいますよね。

赤ちゃん猫の身体能力というのは侮れません。私も足から背中までよじ登られた経験があります。ただし降りる時のことは考えていなかったようで、心細そうに鳴いては降ろしてもらう、ということを繰り返していました。

小さいからと油断していると、この飼い主さんや私のようによじ登られちゃうかもしれませんよ?

まとめ:猫動画の赤ちゃん猫はなぜこんなに可愛いのか?

上の写真は我が家で赤ちゃん猫が生まれた時のものです。1匹だけ生まれるのは珍しいことですが、少し大きくなった今でも母猫はもちろん飼い主である私もとても大事に育てています。

動画をご紹介させていただくにあたり、改めて赤ちゃん猫の動画を見返していましたところ、ふと「なんで赤ちゃん猫はこんなに可愛いんだろうなあ」と思い、考えてみました。

共通して感じたことは、どの飼い主さんも赤ちゃん猫に愛情をめいっぱい注いで、大事に育てていらっしゃるということでした。

子猫を育てるということはとてつもない気力と体力を必要とします。

私は人工保育で2回子猫を育てたことがありますが、「この子は無事に育つんだろうか」という不安から泣きたくなったり、時には途中で投げ出したくなる時だってありました。

でもそういう時に私の気持ちを救ってくれたのも育てている子猫達に他なりませんでした。

動画の赤ちゃん猫は生まれてまもなく素敵な飼い主さんに出会えて、きっと幸せだからこんなに可愛いのでしょうね

ご紹介させていただいた猫動画の飼い主さんには遠く及びませんが、私でもこの子達が幸せにできているのなら嬉しいなあと思います。

猫の一生でほんの1年にも満たない限られた子猫の期間ですが、この期間にしか見ることができない赤ちゃん猫の愛らしさや仕草が数多くあります。

寝ている時、起きた時、遊んでいる時、甘えている時…大人猫になってしまえば見られなくなるものも少なくありません

赤ちゃん猫の動画が見ている側の私達に与えてくれるのは、毎日の疲れを吹き飛ばしてくれるような癒しのパワー。そんな素敵な動画を見ることが私達の癒しと明日への活力となるのです。

この記事でご紹介させていただいた中で『ご贔屓猫ちゃん』ができたという方の癒しと活力になれば幸いです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です