【必見】猫風邪の症状は意外な所にも現れる!猫風邪ワクチンの新常識?!

スポンサーリンク

野良猫の子猫の目の周りが目やにでいっぱいだったり、目がかゆそうで目つきがきついなと思ったことはありませんか。おそらくそれは、猫風邪を患っています。

そのまま目やにを放置していると、目が開かなくなり、まぶたと眼球などが癒着してしまい、目が濁ったような後遺症が残ったり、最悪失明してしまうこともあるようです。

とても辛い話のようですが、私はこの話を知った時、なるべく早く助けることで目に後遺症が残る猫は減るし、癒着も治ることも知り、とても嬉しくなりました。猫風邪を見逃さないように、症状や猫風邪の予防方法をまとめました。

スポンサーリンク

猫風邪とはどんな病気?

猫風邪の原因

まさる
猫風邪って人間の風邪の症状に似ているみたいだけど、どんな病気なの?
猫博士
いわゆるウイルスや細菌による感染症だにゃ。風邪って言うと軽く考えるかもしれないけど特に子猫にとっての風邪は命に関わる病気だにゃ。
猫風邪の主な原因
ウイルス … カリシウイルス , ヘルペスウイルス
細菌 … クラミジア , マイコプラズマ

猫風邪のかかり方

まさる
猫はどうやって風邪にかかるのかな。
猫博士
主には人間と同じようにくしゃみなどの飛沫感染だったり、猫風邪にかかっている猫との接触感染だにゃ。
まさる
それじゃ、室内で飼っている猫は安全じゃないの?
猫博士
まさるは猫が好きだから、外でも猫がいたら近くで見たり、撫でたりしてないかにゃ?
まさる
撫でることはあまりないけど、近寄って行ったりすることはあるよ。
猫博士
そうやって、外から人間がウイルスを運ぶこともあるにゃ。近寄ったり撫でたりしなくても猫の細菌やウイルスをひが猫へ運ぶ可能性があるから、室内で飼っている猫も安心できないにゃ。

猫風邪の症状

まさる
なるほどね。猫風邪にはどんな症状があげられるの?
猫博士
症状は、鼻水、くしゃみ、食欲不振、角膜炎、結膜炎、発熱、大量の目やに、口内炎があるにゃ。
まさる
口内炎も猫風邪の症状としてあるんだね。
猫博士
そうだにゃ。大きく分けて2種類に分けたウイルスの中には口の中のトラブルを起こすものもあって、それによって食欲不信になることもあるにゃ。
まさる
鼻水やくしゃみはわかりやすいけど、口の中はわかりにくいね。

猫博士
子猫の場合は、抵抗力が少ないから猫風邪を見逃したり軽く見ていると重症化、長期化することがあるからなるべく早く病院に連れて行くにゃ。猫は症状を伝えることができないから、飼い主さんが少しの変化も見逃さないようにしてあげるにゃ。
猫博士
それに体調が回復してきても、ウイルスは体から排出される訳ではなく、潜伏しているだけだにゃ。季節の変わり目などでも、再発する恐れがあるにゃ。

感染症の予防や再発防止にはワクチンが効果的

まさる
ウイルスが潜伏するなんて、ひどいよ。再発を防ぐ方法はないの?
猫博士
そのために、ワクチンを接種するんだにゃ。

予防接種をする時期

まさる
じゃあ、一刻も早く予防接種を受けさせよう!
猫博士
それはダメにゃ。母乳に含まれる免疫が、様々な病原菌から子猫を守ってくれるその反面、その免疫によりワクチン接種の効力が十分に発揮されないんだにゃ。
まさる
そうなの?適切な時期があるんだね。
猫博士
他の病気や、薬との兼ね合いがあって一概には言えないけど、だいたい生まれてから2〜3ヶ月後に1回、またその1ヶ月後に1回その1年後に1回、その後は最低でも3年に1回ワクチン接種は受けることになるにゃ。
まさる
じゃあ、母乳の免疫力の効果が弱まり、かつ予防接種するまでの2〜3ヶ月頃に猫風邪をひきやすくなるんじゃないの?
猫博士
まさにそのとうりだにゃ。

下の動画は猫がワクチンを打つ様子です。病院での施術の流れが見られます。初めてのことは飼い主さんも不安ですが、猫もとっても不安です。お尻で体温を測りそのあと注射をする流れですが、猫によっては怖がってしまう猫もいますが、注射の時間は一瞬なので、あまり怖がらないようにさせてあげたいですね。

ワクチン接種の選び方

まさる
ワクチンにもいくつか種類があるよね。どれを選ぶべきなのかな。
猫博士
室内飼いの場合は3種混合ワクチンで外に出る猫の場合は4〜7種混合ワクチンを接種するといいにゃ。どれを選ぶかは、獣医さんと相談するにゃ。

下の動画は獣医さんが3種混合ワクチンについて詳しく解説している動画です。この獣医さんによると、これまで1年に1度ワクチンを受けるべきだと言われていたワクチンですが、3年に1度でいいということです。参考にしてみてください。

3年に1度のワクチン接種で良いということは、世界小動物獣医師会(WSAVA)より発表されていることです。個体差や、環境により、ワクチン接種の間隔は異なりますので、獣医とよく相談して検討しましょう。

また、1年に1度は健康チェックのために検査をしてもらうことが、病気を見逃さないことに繋がるので、欠かさず行ないましょう。

まとめ

  • 猫風邪の原因
    ウイルスや細菌による感染症
    ウイルス … カリシウイルス , ヘルペスウイルス
    細菌 … クラミジア , マイコプラズマ
  • 猫風邪の感染方法
    くしゃみなどからの飛沫感染
    感染している猫への毛づくろいなどの接触感染
  • 猫風邪の症状
    鼻水、くしゃみ、食欲不振、角膜炎、結膜炎、発熱、大量の目やに、口内炎
  • 猫風邪を予防するワクチンの種類
    室内飼いの場合は3種混合ワクチンを接種
    外に出る猫の場合は4〜7種混合ワクチンを接種
  • 猫風邪を予防するワクチン接種の時期の目安
    生後2〜3ヶ月後1回とその1ヶ月後1回。
    1年後に1回。その後は3年に1回(環境や個体差により1年に1回必要な場合もあるので獣医と要相談)

1年に1回必要だったワクチンがもし、3年に1回で良いのであれば、経済的だし猫への負担が軽減されていいことだらけですね。獣医さんと相談しながら実践してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です