猫と引越しする時はストレスを抑える工夫をし脱走や病気を防ごう!

スポンサーリンク

猫は環境の変化が苦手です。我が家の猫はちょっと神経質なので模様替えや家具を買い替えた時もそわそわします。

引越しは人間にとっても大変なことですが、猫にとっては大きなストレスがかかってしまう大イベントです。

強いストレスを感じると、引越し先で逃げ出してしまったり、体調を崩してしまう事があるので、猫にあった方法を慎重に考えてあげましょう。

スポンサーリンク

引越し先を探すときに気にしておきたいこと

マンションなどの集合住宅の場合、ペット可であれば単純に飼っていいという訳ではありません。マンションによっては、飼える匹数の制約がある場合があります。

申請が必要だったり、追加で料金がかかる場合があるのできちんと相談しておくことで引越し先でトラブルにならないようにしましょうね。

また、引越し先の周辺地域の動物病院がどこにあるかもチェックしておきましょう! 引越した当日に体調を崩してしまってもすぐ対応できるので安心です。

まさる
新居には、新しい家具を買いたいなー。
ドラット
…ムムム、僕がいつもいたところのソファーとか、家具や毛布は新しい家でも使って欲しいニャ。
まさる
ごめんごめん、そうだよね。じゃあ家に慣れた頃に少しずつ買い替えようかな。
ドラット
ふー。危なかったニャ。僕のいる場所はちゃんと考えておいていて欲しいにゃ。

猫は自分の匂いがあると新しい場所でも慣れやすくなります。猫が長くいる居場所と想定される場所には、今まで使用していた家具を配置するようにしましょう。

海外などの引越しの場合、どうしても今まで使用していた家具が使えずに新しい家具ばかりになってしまうのであれば、匂いのついた毛布などは必ず持っていって家具にかぶせるなどの工夫をして安心させてあげましょう。

引越し当日の猫の移動手段について検討

まさる
車で行くのが安全だけど、役所の手続きとかもあるから、移動のために使えるかちょっと読みづらいなぁ。
ドラット
その他はどういう手段があるんだニャ?
まさる
レンタカーか、タクシーか、電車かな。でもレンタカーは借りに行ったり返しに行くのが手間になっちゃうかな。当日は自宅に居ないといけない時間が多いから、あんまり手間のかかる予定は入れたくないんだよね。
ドラット
じゃあ、なるべく車で行けるように計画して、もし車が使えなければ電車で行くニャ。JRの場合ネコは、新幹線も電車も手回り品きっぷが必要だニャ。
まさる
東京だと、東京メトロや都営線はお金がかからないみたい。使用する電車は事前に調べておいたほうがいいね。動物アレルギーの人や動物が苦手な人もいるかもしれないから、ケースから出せないからね。
ドラット
わかってるニャ。おとなしくしておくニャ。下の動画は『Asymé’s cat room』さんが大阪から石川県まで電車でお引越しする動画だニャ。手回り品切符を購入して電車に乗ってるニャ。

飛行機について

国内線は機内持ち込みができません。受託手荷物として預ける事になります。

空港でキャリーを借りる事もできるけれど入れ替え時に時間がかかったり、脱走してしまうトラブルが考えられるので、入れ替えの必要がないエアトラベルキャリーが断然おすすめです。

引越しの運搬作業による猫のストレスを抑える工夫

引越し当日は引越し業者の方たちやお手伝いしてくれる人など、猫にとって知らない人たちがたくさん出入りします。自分のテリトリーに知らない人が来ることにより強いストレスを感じてしまいます。

まさる
人の出入りがあまりないお風呂にいるか、ペットホテルに泊まるかがいいと思うけどどっちがいい?
ドラット
ホテルはホテルでストレスだし僕は苦手だな。なるべく一緒に居たいから、お風呂にいるニャ。
まさる
じゃあ引越し業者さんがきた時には、お風呂を簡易部屋にしようね。電車で移動する場合は、引越しのトラックでトイレの積み忘れに気をつけないとね。
ドラット
下の動画の『猫のデュフィ』さんは引越し業者さんが入らない部屋を確保して対応しているよ!

猫に新居へ慣れてもらうために

新居に荷物を運んで、後で猫を出すときには新しい場所でいきなり自由にしてしまうと、自分のテリトリーではないと思ってしまい、脱走してしまうことがあります

それを防ぐために狭い範囲で少しずつ慣れてもらいましょうゲージ今まで使っていた猫砂を入れたトイレお気に入りの寝床などを置いてあげます。

ストレスで喉も乾いているのでお水も置いてあげましょう。

スンスンと匂いを嗅ぎながら探索したり、部屋の隅で動かなくなったりします。しばらく時間がかかりますので優しく安心させてあげましょう

ドラット
下の動画は『ふわふわポムさん/ねこべや。』さんのお引越しの様子だニャ。やっぱり最初は戸惑っちゃうんだニャ〜。

まとめ

猫と引越しをするときに気をつけることや、猫になるべくストレスを与えない工夫をまとめると、

  1. 新居が集合住宅の場合はマンションの規定をきちんと確認。
  2. 新居周辺の動物病院は引っ越す前に確認。
  3. 引越し当日の移動手段は、猫が慣れている方法を選ぶ。車があれば車が無難。
  4. 引越し作業中は、人の出入りがない場所にかくまうか、ペットホテルを利用。
  5. 今まで使っていた家具をなるべく使用。
  6. 初めて部屋に出す時は、猫が慣れている物が置かれた部屋にトイレや寝床を置いて少しずつ慣らす。

これが、オススメの方法です。我が家の猫は最初飲み物も飲まなくて心配していましたが、しばらくしたら食事はしてくれました。家全体に慣れるまでは1週間くらいかかる猫もいますので、たっぷり甘やかしてあげてくださいね!

ドラット
引越したあとはおやつをもらえたらうれしいニャ〜
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です