猫の名前ランキングTOP10!(オス/メス/漢字)猫が聞き取りやすい名前は?

スポンサーリンク

猫を飼う時、一番始めに悩むのは『名前付け』ですよね。

飼う前から決めている人もいれば、猫ちゃんの見た目から名前をつける人と色々いますが、ほとんどの人が猫ちゃんを目の前にしてもどんな『名前』にすればいいか迷ってしまうのではないでしょうか。

でもどんな『名前』をつけようかと考えるのは楽しいことでもありますよね。
『かっこいい&可愛い名前』か、『個性的な名前』か、『食べ物の名前』も多くいたりします。

また、最近は2文字の『和風の名前』の猫ちゃんも増えてきていますが、どんな『和ネーム』が人気を高めているのでしょうか?

そこで今回は、2019年に発表したアニコム損害保険株式会社とアイリスペットどっとコム、2社の猫の名前人気ランキングを紹介しながら猫の名前の決め方のポイントと、猫が聞き取りやすい名前について話していきたいと思います。

ぜひ、これから猫を飼いたいと思っている人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

2019年!猫の名前人気ランキング(アニコム損害保険株式会社)

まずは、アニコム損害保険株式会社です。アニコム損害保険株式会社は、毎年2月22日(猫の日)にペット保険『どうぶつ健保』に新規契約した0歳の猫を対象にした調査から『猫の名前ランキング』を発表しています。

2019年度は約28,000頭を対象に調査が行なわれ、『総合』『オス、メス』『漢字の名前』と分かれて発表されています。

総合の人気名前ランキングTOP10

・1位  ソラ(252頭)
・2位  モモ(245頭)
・3位  レオ(232頭)
・4位  ココ(201頭)
・5位  マル(198頭)
・6位  ムギ(193頭)
・7位  キナコ(184頭)
・8位  マロン(178頭)
・9位  リン(155頭)
・10位  ハル(152頭)

2019年の総合ランキングの一位は『ソラ』です。『空』のように澄んだブルーの瞳や、自由気ままな猫のイメージから名付けられることが多いようです。オス、メスどちらとも違和感なく馴染む名前ですよね。

また、『ソラ』は人の男の子の名前ランキングでも上位に入る位、男の子に人気の名前で、ゲームやアニメなんかにもよく登場しますよね。そういう理由から一位の約8割近くがオスの猫に名付けられているそうです

オスの人気名前ランキングTOP10

・1位  レオ(252頭)
・2位  ソラ(196頭)
・3位  マル(133頭)
・4位  コテツ(124頭)
・5位  コタロウ(120頭)
・6位  マロン(102頭)
・7位  ハル(96頭)
・8位  フク(93頭)
・9位  レオン(92頭)
・10位  ムギ(80頭)

オスのランキング一位は『レオ』です『レオ』というと国民的アニメ『ジャングル大帝レオ』の影響が多いのでしょうか?なんと昨年に引き続きダントツで、オス猫の王者として君臨しています

4位の『コテツ』、5位の『コタロウ』はまさに『和ネーム』ですよね

メスの人気名前ランキングTOP10

・1位  モモ(220頭)
・2位  ココ(157頭)
・3位  ルナ(129頭)
・4位  リン(126頭)
・5位  ハナ(118頭)
・6位  キナコ(117頭)
・7位  ムギ(113頭)
     メイ(113頭)
・9位  ナナ(99頭)
・10位  サクラ(95頭)

メスのランキング一位は『モモ』です。メスもオスと同じく昨年に続きダントツの一位となっています。しかも、『モモ』という名前は犬の名前ランキングでも1位となっていて、ペット全体としても人気の高い名前として名づけられています

また、7位は同じ113頭と同じ頭数で『ムギ』『メイ』がランキングしました。こうしてランキング10位の名前を見てみると、どの名前も人間の女の子にも付けられている可愛い名前ですし、10位の『さくら』はまさに『和ネーム』ですよね。

漢字の人気名前ランキングTOP10(オス)

・1位  (59頭)
・2位  福(50頭)
・3位  茶々丸(43頭)
・4位  小太郎(33頭)
・5位  虎太郎(32頭)

総合ランキングに続いて漢字ランキングでも『空』が一位を獲得しました。ランキング5位いずれも、犬の名前でも人気の高い名前となっています。

漢字の人気名前ランキングTOP10(メス)

・1位  茶々(34頭)
・2位  姫(29頭)
・3位  凛(24頭)
・4位  麦(23頭)
・5位  鈴(20頭)

メス漢字ランキング一位は『茶々』です。この名前は『総合』でも『メスの名前』ランキングでもでてこなかったので、ちょっと驚きですね。こうしてみると、女の子の名前は2~3文字とスッキリした名前が多いですね。

2019!猫の人気名前ランキング(アイリスペットどっとコム)

続いてはアイリスオーヤマ株式会社の『アイリスペットどっとコム』です。アイリスペットどっとコムも毎年『猫の名前ランキング』を発表してます。

2019年は1702頭の猫の名前を調査したそうで、こちらは『総合』『オス、メス』部門に分かれています。

総合の人気名前ランキングTOP10

・1位  クロ(25頭)
・2位  ハナ(22頭)
・3位  モモ(21頭)
・4位  ソラ(19頭)
・5位  タマ(18頭)
・6位  チビ(17頭)
・7位  シロ(16頭)
・8位  ミー(15頭)
・9位  マル(14頭)、ミケ(14頭)

総合ランキングの1位は『クロ』です。黒猫を飼っている人が多いのでしょうか?でも5位の『タマ』といい、シンプルな名前がランキングに入っていると、嬉しいですね。

日本で犬といえば『ポチ』猫といえば『タマ』という感じで親しまれている名前が入っていると、ほっこりしますよね。シンプルこそ愛着が湧く証拠ではないでしょうか?

オスの人気名前ランキングTOP5

・1位  クロ(14頭)
・2位  タマ(10頭)、レオ(10頭)
・4位  ソラ(9頭)
・5位  シロ(8頭)

総合ランキングに続き、オスのランキングでも『クロ』が1位を獲得しました。1位の『クロ』と5位『シロ』は毛色の名前をつけるというストレートなネーミング方法で採用されていますね。

誰が見ても分かり、かつ呼びやすい名前として人気が高いようですね。

メスの人気名前ランキングTOP5

・1位  ハナ(21頭)
・2位  モモ(16頭)
・3位  ミー(13頭)
・4位  ナナ(11頭)
・5位  チビ(10頭)

メスのランキング1位は『ハナ』です。どれも女の子らしい可愛いネーミングですよね。また、子猫の鳴き声や容姿をそのまま名前につけた3位の『ミー』と5位の『チビ』などの名前も人気のようですね。

アイリスペットどっとコムのランキングに入っている名前は全部『2文字』でしたね。

猫の名前の決め方のポイント

普段愛猫の事を呼んだり、動物病院で情報を書いたりと猫ちゃんと暮らす上で『名前』はとても大切なものとなります。その大切な名前にも決め方にポイントがあるのはご存知でしょうか?

短く呼びやすい名前がおすすめ!

猫は自分の名前を覚えます。しかし、間違えやすい名前や長い名前、聞き取りにくい名前だと混乱して自分の名前が分からなくなってしまいます。

例えば、『ベンチャミン』と長い名前をつけたとします。でも、普段猫を呼ぶ時は長いと呼びづらいので『ベン』など省略して呼んだりしてしまいがちですよね。

猫が覚えるのは省略した方の名前となってしまいがちで、たまに『ベンチャミン』と呼ばれると混乱してしまいます。

その為1つ目のポイントは、『呼びやすい名前にすること』です。家族みんなが覚えやすく、発音しやすい名前にすると、猫も自分の名前を早く覚えてくれるようになりますよね。

上で紹介した2社のランキングの名前も、ほとんどが2文字とスパッと短く、飼い主さんも呼びやすい名前ですよね。きっと猫ちゃんも印象に残りやくいでしょうね。

次の動画では猫の名付けの由来が紹介されています。

多頭飼いの場合は違う響きの名前に!

猫は名前を覚えますが、言葉を覚えているのではなく、『ある一つの音』として認識しているだけです。したがって、同じ母音の音は似たような音に聞こえてしまうので、多頭飼いの場合『同じ母音の名前は避けたほうが良い』とされています

例えば、2019年アニコム損害保険株式会社の総合ランキングに入っている、『マル』『ハル』など人間の子供と同じくお揃いの名前をつける飼い主が増えていますが、猫にとっては自分と認識しんくくなる原因となってしまします。

名前を呼んでも振り向いてくれなかったり、逆にみんながこっちを向いたりしてしまう事もありえますよね。

その為2つ目のポイントは、新たに迎える猫の名前は、先住猫と違った母音の名前をつけることがベストとされています。多頭飼いの場合は、一匹ずつ違う響きの名前にして、名前をきちんと呼んであげましょう。

また、多頭飼いの場合は合わせて1つの意味になる名前が好まれています。『花』『食べ物』『色』など1つのカテゴリーの中で統一する名前の決め方がオススメです。

私は愛猫、愛犬ともに『食べ物』『飲み物』の名前で統一しているのですが、オス、メスどちらにも付けられる名前が多くありますし、考え出すと凄く楽しいですよね。

次に多頭飼いの猫がみんな名前を理解いているか、4頭の猫で試している動画を紹介します。どの猫ちゃんもちゃんと寄ってきていて、飼い主さんの深い愛情が感じられますよね。

猫が聞き取りやすい名前は?

猫が自分の名前を覚える時間は、かなりの個人差があるようで、『すぐに名前を覚えた猫』もいれば、『もうだいぶ経つのに全然覚えない猫』もいます。せっかくつけてあげた名前ですから、ぜひ猫ちゃんにしっかり覚えてもらいたいですよね。

猫の聴覚は、獲物の鳥類や小動物、昆虫の音域を聞き取るために、人間より高音域を聞き取りやすいようになっています。だから、人間でも低音の男性より女性の声を好みます。

また、単音節で濁音(ガ行、ザ行、ダ行など)が入った方が良いという説もあるんですよ。その為、『ジジ』『あずき』『ちび』などの名前をつけると、猫も聞き取りやすいかもしれません。やはり、『2文字』と短い名前がいいですね。

まとめ

名前付けのポイント
・短く呼びやすい名前(2~3文字)
・多動飼いの時は違う響きの名前に
・猫が聞き取りやすい名前に

アニコム損害保険株式会社とアイリスペットどっとコムの人気名前ランキングを紹介してきましたが、愛猫の名前や気になる名前は入っていましたか?

私は『食べ物、飲み物』の名前を愛猫達に付けているので、『モモ』『マロン』『キナコ』が気になりました。また、ランキングに入っているほとんどの名前が2文字と呼びやすく、可愛い名前でしたよね。

『名前』は、愛猫と長く暮らす中で何度も何度も数えきれないほど呼ぶ事になります。そんな名前ですから、飼い主さんが気に入った名前や好きなものにちなんだ名前、猫に合う名前がいいですよね。

もしランキングなどを見ても悩んで決められない場合は『猫の名前ジェネレーター』というサイトに名前の候補を考えてもらう方法もあります。

性別や種類、性格に関するちょっとした質問に答えるだけで、名前の候補を考えてくれたら助かりますよね。英語ですが、イラスト付きでとても分かりやすいサイトなので、なかなか名前が決まらない人がいたら、是非活用してみてください。

そして、名前が決まったら積極的に呼んであげましょう

なかなか名前を覚えてくれない猫ちゃんがいたら、エサの時間に呼ぶ時に名前を使うと良く覚えてくれますよ。呼んだ時に目が合ったらエサを与える。または、遊んであげる時やブラッシングをしてあげる時に名前を呼ぶ。

これを何度も繰り返す事で『名前らしき言葉』で呼ばれたら嬉しい事があると覚えさせることが重要なポイントとなります。

猫が嬉しい時、楽しい時、気持ちのいい時にたくさん呼びかけてあげると、猫自身も自分の名前が大好きになるはずです。みんな名前を呼ばれたら、『にゃあ~』と返事をするか、近寄って来てくれます。とても嬉しい瞬間ですよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA